第68回日本観光ポスターコンクール結果発表

 令和2年3月4日、東京・日本消防会館において、第68回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より139作品の応募があり、34作品が第一次審査を通過いたしました。審査会はこの34作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には評論家の山田五郎氏、写真家・映画監督の宮澤正明氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、 審査会が行われました。

 その結果、国土交通大臣賞は、『まだ見ぬ九州へ。』(九州旅客鉄道株式会社)、総務大臣賞は『The Resort, Nikko.』(東武鉄道株式会社)に決定したほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(1点)、入賞(5点)の各賞もそれぞれ決定いたしました。
 また、インバウンド賞には『TOKYO's new LUXURY』(東京都/公益財団法人東京観光財団)が選ばれました。令和2年1月20日~2月21日に行ったインターネット投票による、オンライン投票部門の結果も承認されました。

※各画像をクリックすると、拡大された画像が表示されます。

総務大臣賞

『The Resort, Nikko.』【東武鉄道株式会社】

作品名 『The Resort, Nikko.』
出品者 東武鉄道株式会社
制作者 株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ
作品コンセプト

観光地日光から、国際リゾート地日光復権へ! 最近の日光では、都市部の方が観光目的で日帰りされる方が増えていました。 そこでもっと日光に滞在してもらうことはできないかと、東武鉄道と地元が一緒に取り組めるフレームを考えたのが、「THE RESORT, NIKKO.」。 もともと日光は19世紀から、アインシュタインやヘレンケラー、ガンジーなど、諸外国の要人を迎えていた国際リゾート地のレジェンド。 今までのような有名な寺社仏閣・観光地を取り上げる表現ではなく、日常を離れ、この地でゆっくり滞在するからこそ味わえる、悠久の大自然と時間、そして静寂な避暑地であり温泉保養地でもある歴史あるリゾート地としての魅力を伝えてゆこうと考えました。