第68回日本観光ポスターコンクール結果発表

 令和2年3月4日、東京・日本消防会館において、第68回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より139作品の応募があり、34作品が第一次審査を通過いたしました。審査会はこの34作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には評論家の山田五郎氏、写真家・映画監督の宮澤正明氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、 審査会が行われました。

 その結果、国土交通大臣賞は、『まだ見ぬ九州へ。』(九州旅客鉄道株式会社)、総務大臣賞は『The Resort, Nikko.』(東武鉄道株式会社)に決定したほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(1点)、入賞(5点)の各賞もそれぞれ決定いたしました。
 また、インバウンド賞には『TOKYO's new LUXURY』(東京都/公益財団法人東京観光財団)が選ばれました。令和2年1月20日~2月21日に行ったインターネット投票による、オンライン投票部門の結果も承認されました。

※各画像をクリックすると、拡大された画像が表示されます。

オンライン投票部門 3位 (入賞)

ジュエリーアイス~氷の宝石をさがす旅~ 【北海道 豊頃町観光協会】

作品名 ジュエリーアイス~氷の宝石をさがす旅~
出品者 北海道 豊頃町観光協会
制作者 株式会社プロコム北海道
作品コンセプト

世界でここでしか見られない「ジュエリーアイス」。自然が創り出す神秘的な光景と、唯一無二のトラベル体験を『氷の宝石をさがす旅』というテーマで表現しました。 「ジュエリーアイス」は厳冬期の豊頃町大津で、川の氷が海に流れ、様々な形になり砂浜に打ち上げられたもの。太陽の光を浴び輝く様子がまるで宝石のように見えることから名付けられました。 どれひとつとして同じものがなく、一瞬一瞬で表情を変える氷を、今回は3つの宝石に例えています。また、ポスターの世界と自分を重ね合わせる疑似体験を意識した構図で、海岸で自分だけの宝石を見つけたかのような感覚に。「実際に行ってみたい」と思わせるポスターを目指しました。