第68回日本観光ポスターコンクール結果発表

 令和2年3月4日、東京・日本消防会館において、第68回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より139作品の応募があり、34作品が第一次審査を通過いたしました。審査会はこの34作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には評論家の山田五郎氏、写真家・映画監督の宮澤正明氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、 審査会が行われました。

 その結果、国土交通大臣賞は、『まだ見ぬ九州へ。』(九州旅客鉄道株式会社)、総務大臣賞は『The Resort, Nikko.』(東武鉄道株式会社)に決定したほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(1点)、入賞(5点)の各賞もそれぞれ決定いたしました。
 また、インバウンド賞には『TOKYO's new LUXURY』(東京都/公益財団法人東京観光財団)が選ばれました。令和2年1月20日~2月21日に行ったインターネット投票による、オンライン投票部門の結果も承認されました。

※各画像をクリックすると、拡大された画像が表示されます。

オンライン投票部門 1位

屋久島町観光PRポスター 【鹿児島県 屋久島町】

作品名 屋久島町観光PRポスター
出品者 鹿児島県 屋久島町
制作者 美屋久
作品コンセプト

 観光は人生を豊かにしてくれるもの。屋久島に訪れる人を豊かにするのは、自然でもあり、そこに住む人々でもあります。屋久島の観光は自然のイメージが強いのですが、その自然の上で生きてきた人々の島でもあります。  屋久島町で指針となっている条文があります。世界自然遺産に登録される前に決議された「屋久島憲章」です。要約すると「水」や「子供」、「歴史と伝統」、「世界との交流」が謳われた屋久島の価値が凝縮された文です。持続可能な観光の指針でもあり、同時に観光で訪れた人の人生を豊かにするものだと思いました。  この憲章そのものをポスター制作のコンセプトにしました。島内の観光事業者と屋久島町が連携。写真もデザインも全て屋久島発で制作することにこだわりました。