第68回日本観光ポスターコンクール結果発表

 令和2年3月4日、東京・日本消防会館において、第68回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より139作品の応募があり、34作品が第一次審査を通過いたしました。審査会はこの34作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には評論家の山田五郎氏、写真家・映画監督の宮澤正明氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、 審査会が行われました。

 その結果、国土交通大臣賞は、『まだ見ぬ九州へ。』(九州旅客鉄道株式会社)、総務大臣賞は『The Resort, Nikko.』(東武鉄道株式会社)に決定したほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(1点)、入賞(5点)の各賞もそれぞれ決定いたしました。
 また、インバウンド賞には『TOKYO's new LUXURY』(東京都/公益財団法人東京観光財団)が選ばれました。令和2年1月20日~2月21日に行ったインターネット投票による、オンライン投票部門の結果も承認されました。

※各画像をクリックすると、拡大された画像が表示されます。

入賞 (オンライン投票部門 5位)

大山観光ポスター2019 【鳥取県 一般社団法人大山観光局】

作品名 大山観光ポスター2019
出品者 鳥取県 一般社団法人大山観光局
制作者 鳥取県 一般社団法人大山観光局
作品コンセプト

2018年鳥取県の名峰は開山1300年を迎え、2019年は新たな100年に向けたテーマが必要だと考えた。それは大山の価値の見直しと再発見だ。ポスターを通じ大山の新たな魅力発信を目的にすると同時に地元民にもその価値に気づき、大山への誇りを取り戻してもらいたいと考えた。今回は「季節」ではなくより身近な「時間」という斬新な切り口の4枚組で構成。近年急増する登山者に向け、朝のご来光から夜の満天の星空まで、まだ知られていない大山の風景を地元を知り尽くす写真家の作品で表現している。「山は生きている」というコピーには常に同じ時間など存在しない自然風景の一期一会的な美しさ、そして偉大さを詰め込んでいる。