第68回日本観光ポスターコンクール結果発表

 令和2年3月4日、東京・日本消防会館において、第68回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より139作品の応募があり、34作品が第一次審査を通過いたしました。審査会はこの34作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には評論家の山田五郎氏、写真家・映画監督の宮澤正明氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、 審査会が行われました。

 その結果、国土交通大臣賞は、『まだ見ぬ九州へ。』(九州旅客鉄道株式会社)、総務大臣賞は『The Resort, Nikko.』(東武鉄道株式会社)に決定したほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(1点)、入賞(5点)の各賞もそれぞれ決定いたしました。
 また、インバウンド賞には『TOKYO's new LUXURY』(東京都/公益財団法人東京観光財団)が選ばれました。令和2年1月20日~2月21日に行ったインターネット投票による、オンライン投票部門の結果も承認されました。

※各画像をクリックすると、拡大された画像が表示されます。

入賞 (オンライン投票部門 3位)

ジュエリーアイス~氷の宝石をさがす旅~【北海道 豊頃町観光協会】

作品名 ジュエリーアイス~氷の宝石をさがす旅~
出品者 北海道 豊頃町観光協会
制作者 株式会社プロコム北海道
作品コンセプト

世界でここでしか見られない「ジュエリーアイス」。自然が創り出す神秘的な光景と、唯一無二のトラベル体験を『氷の宝石をさがす旅』というテーマで表現しました。 「ジュエリーアイス」は厳冬期の豊頃町大津で、川の氷が海に流れ、様々な形になり砂浜に打ち上げられたもの。太陽の光を浴び輝く様子がまるで宝石のように見えることから名付けられました。 どれひとつとして同じものがなく、一瞬一瞬で表情を変える氷を、今回は3つの宝石に例えています。また、ポスターの世界と自分を重ね合わせる疑似体験を意識した構図で、海岸で自分だけの宝石を見つけたかのような感覚に。「実際に行ってみたい」と思わせるポスターを目指しました。

入賞

Visit Himeji 【兵庫県 姫路市】

作品名 Visit Himeji
出品者 兵庫県 姫路市
制作者 株式会社電通西日本 神戸支社
作品コンセプト

金と銀に黒のみを使用したデザインで、上質な日本の美を表現しました。 掲出された際に目を引くシンプルかつ華やかなポスターです。 金ver.は、書写山圓教寺で住職と語らうシーンを描くことで「和」体験を表現。 銀ver.は、姫路城が銀色で美しく映えるようにデザイン。

入賞

「謎めくあかし 解きあかし」シリーズ:2・3・4 【兵庫県 一般社団法人明石観光協会】

作品名 「謎めくあかし 解きあかし」シリーズ:2・3・4
出品者 兵庫県 一般社団法人明石観光協会
制作者 株式会社電通西日本 神戸支社
作品コンセプト

明石城築城400年を記念し制作されたポスター。テーマは明石城のナゾ!初代城主はどんな人物だったのか?、剣豪である宮本武蔵が15年もの間なぜ明石で暮らしたのか?、江戸時代と現在の街のレイアウトがほぼ変わらないってホント?など、気になる謎を解き明かしながら明石の魅力をアピール。お城好き以外の人でもウンチクを学べるポスターです。

入賞 (オンライン投票部門 5位)

大山観光ポスター2019 【鳥取県 一般社団法人大山観光局】

作品名 大山観光ポスター2019
出品者 鳥取県 一般社団法人大山観光局
制作者 鳥取県 一般社団法人大山観光局
作品コンセプト

2018年鳥取県の名峰は開山1300年を迎え、2019年は新たな100年に向けたテーマが必要だと考えた。それは大山の価値の見直しと再発見だ。ポスターを通じ大山の新たな魅力発信を目的にすると同時に地元民にもその価値に気づき、大山への誇りを取り戻してもらいたいと考えた。今回は「季節」ではなくより身近な「時間」という斬新な切り口の4枚組で構成。近年急増する登山者に向け、朝のご来光から夜の満天の星空まで、まだ知られていない大山の風景を地元を知り尽くす写真家の作品で表現している。「山は生きている」というコピーには常に同じ時間など存在しない自然風景の一期一会的な美しさ、そして偉大さを詰め込んでいる。

入賞

備前市里海里山発信ポスター 【岡山県 備前市里海里山ブランド推進協議会 with ICM】

作品名 備前市里海里山発信ポスター
出品者 岡山県 備前市里海里山ブランド推進協議会 with ICM
制作者 HIDETO SATO DESIGN
作品コンセプト

岡山県の備前市にある豊かな海、実りある山々、歴史的遺産、伝統工芸など数多くの資源を表現するために「ここで、育まれる。」というコンセプトの言葉を設定しました。キービジュアルは、備前市で育まれた食材と料理、風景を撮影しています。キービジュアルとコンセプトの言葉が連動してコミュニケーションすることで先に挙げた資源に関心を高め、備前市について観光意欲の刺激を目指しています。