第67回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成31年3月20日、東京・日本消防会館において、第67回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より147作品の応募があり、52作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの52作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には評論家の山田五郎氏、写真家・映画監督の宮澤正明氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞は、『世界遺産 富岡製糸場』(群馬県富岡市)、総務大臣賞は『「秋田犬の里」集中プロモーション『行け、行け、アキタ。』』(秋田県)に決定したほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(1点)、審査員特別奨励賞(1点)、入賞(2点)の各賞もそれぞれ決定いたしました。
また、インバウンド賞には『「GO!OGA!(英語版)」』(東日本旅客鉄道株式会社秋田支社)が選ばれました。
平成31年2月8日~3月11日に行ったインターネット投票による、オンライン投票部門の結果も承認されました。

※各画像をクリックすると、拡大された画像が表示されます。

【オンライン投票について】
ポスターコンクール専用サイトに設けた投票ページより、第一次審査を通過した作品の中から、「ここに行ってみたい」「とても魅力がある」と感じたポスターに、一人3票まで投票していただきました。(重複投票は無効)
・投票期間:平成31年2月8日~3月11日
・有効投票者数:11,101名
・有効投票数:21,911票

オンライン投票部門 2位

小樽ゆき物語・余市ゆき物語 【一般社団法人小樽観光協会】

作品名 小樽ゆき物語・余市ゆき物語
出品者 一般社団法人小樽観光協会
制作者 株式会社北日本広告社
作品コンセプト

小樽と余市の冬季観光振興の取り組みとなる長期プロモーションの「小樽ゆき物語」「余市ゆき物語」を印象付けるため、小樽はメイン企画の「青の運河」を1枚の写真で象徴的に表現、余市は同じく「ニッカ冬のナイトツアー」の1枚で大きく打ち出し、冬の小樽と余市への訪問喚起を目的とした。 小樽は、約3か月の間点灯しているイルミネーションを題材に、運河、青、雪を幻想的に魅せる一方で、余市は、冬の夜の工場がライトアップされた特別なワンシーンを取り上げ、観光客に向けては、それぞれの地域性を印象づける仕上がりとなった。また、地域の住民には自分たちが住む地域への目新しい感じ方と誇りを持ってもらうきっかけづくりにもなった。