第66回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成30年4月27日、東京・日本消防会館において、第66回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より187作品の応募があり、53作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの53作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には評論家の山田五郎氏、写真家・映画監督の宮澤正明氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞は、『フルキ、ヨキ、ミライヘ。KANAZAWA』(石川県金沢市)、総務大臣賞は『ストーリーのあるまち 香美町』(兵庫県香美町)に決定したほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(1点)、入賞(4点)の各賞もそれぞれ決定いたしました。
また、本年度よりインバウンド賞が新たに設立され、国土交通大臣賞に続き『フルキ、ヨキ、ミライヘ。KANAZAWA』(石川県金沢市)が選ばれたほか、特別賞としてインバウンド奨励賞(1点)が選ばれました。
平成30年3月1日~3月31日に行ったインターネット投票による、オンライン投票部門の結果も承認されました。

国土交通大臣賞 (インバウンド賞受賞)

フルキ、ヨキ、ミライヘ。KANAZAWA【石川県 金沢市】

作品名 フルキ、ヨキ、ミライヘ。KANAZAWA
出品者 石川県 金沢市
制作者 公立大学法人 金沢美術工芸大学
作品コンセプト

金沢の旅は、実は、未来へとつづく旅。 例えば、 金沢に訪れる人々を最初に出迎える鼓門。 禅哲学を再現した鈴木大拙館のモダニズム建築。 なんとなく覗いた小道に。ふと立ち寄った喫茶店に。 町のいたるところに。 過去から受け継がれた文化が その豊かな精神はそのままに カタチを変え現代に息づいているから。 100年後あるいは1000年後、私たちはどうあるべきか。 この町にくるたび教えられるような気がします。 フルキ、ヨキ、ミライへ。KANAZAWA