第66回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成30年4月27日、東京・日本消防会館において、第66回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より187作品の応募があり、53作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの53作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には評論家の山田五郎氏、写真家・映画監督の宮澤正明氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞は、『フルキ、ヨキ、ミライヘ。KANAZAWA』(石川県金沢市)、総務大臣賞は『ストーリーのあるまち 香美町』(兵庫県香美町)に決定したほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(1点)、入賞(4点)の各賞もそれぞれ決定いたしました。
また、本年度よりインバウンド賞が新たに設立され、国土交通大臣賞に続き『フルキ、ヨキ、ミライヘ。KANAZAWA』(石川県金沢市)が選ばれたほか、特別賞としてインバウンド奨励賞(1点)が選ばれました。
平成30年3月1日~3月31日に行ったインターネット投票による、オンライン投票部門の結果も承認されました。

日本観光振興協会会長賞

富田林観光ポスター ※イラストVer. 【大阪府 富田林市 観光交流施設きらめきファクトリー】

作品名 富田林観光ポスター ※イラストVer.
出品者 大阪府 富田林市 観光交流施設きらめきファクトリー
制作者 大阪府 富田林市 観光交流施設きらめきファクトリー
作品コンセプト

富田林市を代表する観光資源である寺内町。その450年前の街並みが残る上質な町のトーンと、「とんだばやし」の認知度アップを第一に考えました。市のカラーである富田林レッドで 「あてまげの辻※」を大胆に敷き、 遠目からでも地名を視認できるよう、 また読み違えないように、ひらがなを配置。また近くで見た時に、つい触れたくなるようなポスターにしたいため、のれんのような質感を追求しました。 布らしいリアル感を出すため、 現存する450年前の建造物などのパースを書き起こし、 それを布地に印刷してから、撮影しました。寺内町の素晴らしいところのは、 ほとんどが住んでおられることです。このポスターを通して、「とんだばやし」の魅力を、少しでも感じていただきたいため、接触時間を増やし、印象度を上げるためいろんな想いを込めました。