第66回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成30年4月27日、東京・日本消防会館において、第66回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より187作品の応募があり、53作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの53作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には評論家の山田五郎氏、写真家・映画監督の宮澤正明氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞は、『フルキ、ヨキ、ミライヘ。KANAZAWA』(石川県金沢市)、総務大臣賞は『ストーリーのあるまち 香美町』(兵庫県香美町)に決定したほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(1点)、入賞(4点)の各賞もそれぞれ決定いたしました。
また、本年度よりインバウンド賞が新たに設立され、国土交通大臣賞に続き『フルキ、ヨキ、ミライヘ。KANAZAWA』(石川県金沢市)が選ばれたほか、特別賞としてインバウンド奨励賞(1点)が選ばれました。
平成30年3月1日~3月31日に行ったインターネット投票による、オンライン投票部門の結果も承認されました。

【オンライン投票について】
ポスターコンクール専用サイトに設けた投票ページより、第一次審査を通過した作品の中から、「ここに行ってみたい」「とても魅力がある」と感じたポスターに、一人3票まで投票していただきました。(重複投票は無効)
・投票期間:平成30年3月1日~3月31日
・有効投票者数:14,295名
・有効投票数:27,286票

【オンライン投票について】
ポスターコンクール専用サイトに設けた投票ページより、第一次審査を通過した作品の中から、「ここに行ってみたい」「とても魅力がある」と感じたポスターに、一人3票まで投票していただきました。(重複投票は無効)
・投票期間:平成30年3月1日~3月31日
・有効投票者数:14,295名
・有効投票数:27,286票

オンライン投票部門 1位     2,601票

冬に恋、函館。 【北海道 函館市】

得票数 2,601票
作品名 冬に恋、函館。
出品者 北海道 函館市
制作者 株式会社 電通北海道
作品コンセプト

「冬に恋、函館。」というスローガンに、全面にレイアウトした冬ならではの景色。 そしてそれを見つめる恋人のシルエット。 冬を好きになり、そして恋に落ちてしまう。 そんな冬も魅力的な街である函館を表現しました。 また、「恋」=「来い」という音で、「冬にこそ来てほしい」というもう一つの意味を込めたダブルミーニングのスローガンです。 見たい景色と、見る人の両方を描くことで感情移入しやすいポスターに仕立てました。