第66回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成30年4月27日、東京・日本消防会館において、第66回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より187作品の応募があり、53作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの53作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には評論家の山田五郎氏、写真家・映画監督の宮澤正明氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞は、『フルキ、ヨキ、ミライヘ。KANAZAWA』(石川県金沢市)、総務大臣賞は『ストーリーのあるまち 香美町』(兵庫県香美町)に決定したほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(1点)、入賞(4点)の各賞もそれぞれ決定いたしました。
また、本年度よりインバウンド賞が新たに設立され、国土交通大臣賞に続き『フルキ、ヨキ、ミライヘ。KANAZAWA』(石川県金沢市)が選ばれたほか、特別賞としてインバウンド奨励賞(1点)が選ばれました。
平成30年3月1日~3月31日に行ったインターネット投票による、オンライン投票部門の結果も承認されました。

入賞

めぐみ めぐる てんり 【奈良県 天理市】

作品名 めぐみ めぐる てんり
出品者 奈良県 天理市
制作者 graf
作品コンセプト

奈良県天理市のブランディングプロジェクト「めぐみ めぐる てんり」。 当プロジェクトでは、“美しき健やかさを求めて”をキーワードに、古代から続く営み、目の覚めるような壮大な景色、日本最古の道「山の辺の道」、つながりを大切にする人びとの姿など天理の”めぐみ”を可視化し、イメージの普及を進めています。天理市外への発信を中心に、市内の方に向けて自分たちが暮らす場所を見て改めて魅力を感じていただくきっかけを届けるためにポスターを制作しました。5種類のポスターは、日常に親しまれている”めぐみ”のさりげない瞬間を切り取った場面であり、情緒豊かな土地がより伝わるようなキャッチコピーを添えています。