第66回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成30年4月27日、東京・日本消防会館において、第66回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より187作品の応募があり、53作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの53作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には評論家の山田五郎氏、写真家・映画監督の宮澤正明氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞は、『フルキ、ヨキ、ミライヘ。KANAZAWA』(石川県金沢市)、総務大臣賞は『ストーリーのあるまち 香美町』(兵庫県香美町)に決定したほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(1点)、入賞(4点)の各賞もそれぞれ決定いたしました。
また、本年度よりインバウンド賞が新たに設立され、国土交通大臣賞に続き『フルキ、ヨキ、ミライヘ。KANAZAWA』(石川県金沢市)が選ばれたほか、特別賞としてインバウンド奨励賞(1点)が選ばれました。
平成30年3月1日~3月31日に行ったインターネット投票による、オンライン投票部門の結果も承認されました。

入賞

明石城築城400年 「謎めくあかし解きあかし-1」 【兵庫県 一般社団法人明石観光協会】

作品名 明石城築城400年 「謎めくあかし解きあかし-1」
出品者 兵庫県 一般社団法人明石観光協会
制作者 株式会社 電通西日本
作品コンセプト

2019年の明石城築城400年に向けたプローモションポスターとして制作しました。実は明石城は、1619年の築城時から、ただの一度も天守閣が建てられることがなかった稀な城です。城の象徴である天守閣がなぜ作られなかったのか。その謎を際立たせ、明石城と明石への誘いを狙っています。 東経135度に位置する「日本の標準時のまち」や、明石だこ・明石鯛に代表される新鮮な海の幸のイメージが強い明石ですが、まだまだ観光資源を有しています。ポスターを締めくくる「謎めくあかし 解きあかし」のごとく、知られざる歴史を紐解いていくプロモーションをこれからも続けていきます。