第65回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成29年5月8日、東京・芝公園のAP浜松町において、第65回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より231作品の応募があり、50作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの50作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には評論家の山田五郎氏、写真家・映画監督の宮澤正明氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞は、『行くぜ、東北。』(東日本旅客鉄道株式会社:東京都)、総務大臣賞は『ゆけ、シンフロ部!』(大分県広報広聴課:大分県)が選出されたほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(2点)、入賞(3点)の各賞もそれぞれ選定されました。また、4月3日~5月1日にインターネットを通じて行われたオンライン投票部門の結果も承認されました。

※各画像をクリックすると、拡大された画像が表示されます。

【オンライン投票について】
ポスターコンクール専用サイトに設けた投票ページより、第一次審査を通過した50作品の中から、「ここに行ってみたい」「とても魅力がある」と感じたポスターに、一人3票まで投票していただきました。(重複投票は無効)
・投票期間:平成29年4月3日~5月1日
・有効投票者数:13,754名
・有効投票数:26,555票

オンライン投票部門 6位     1,115票

新しく生きよう。NEO ONE KUMAMOTO 【熊本県 熊本市】

得票数 1,115票
作品名 新しく生きよう。NEO ONE KUMAMOTO
出品者 熊本県 熊本市
制作者 有限会社オービット
作品コンセプト

熊本市は現在、平成28年熊本地震からの「再生と創造」をテーマに、新たな熊本づくりを進めており、作品は、この取組を表現した「新しく生きよう。 NEO ONE KUMAMOTO」というスローガンと、熊本のシンボルである「熊本城」を題材としています。 熊本のことを想い、または様々なかたちで支援いただいた方々に、今度は観光地として、あるいは震災の経験や教訓を活かすなどの様々な目的で行われる旅行や会議の場として、復旧・復興に向けて前を向く熊本を訪れ、そして、活気にあふれたまちや人との交流をぜひ体感して欲しいという願いを込めています。