第65回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成29年5月8日、東京・芝公園のAP浜松町において、第65回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より231作品の応募があり、50作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの50作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には評論家の山田五郎氏、写真家・映画監督の宮澤正明氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞は、『行くぜ、東北。』(東日本旅客鉄道株式会社:東京都)、総務大臣賞は『ゆけ、シンフロ部!』(大分県広報広聴課:大分県)が選出されたほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(2点)、入賞(3点)の各賞もそれぞれ選定されました。また、4月3日~5月1日にインターネットを通じて行われたオンライン投票部門の結果も承認されました。

※各画像をクリックすると、拡大された画像が表示されます。

【オンライン投票について】
ポスターコンクール専用サイトに設けた投票ページより、第一次審査を通過した50作品の中から、「ここに行ってみたい」「とても魅力がある」と感じたポスターに、一人3票まで投票していただきました。(重複投票は無効)
・投票期間:平成29年4月3日~5月1日
・有効投票者数:13,754名
・有効投票数:26,555票

オンライン投票部門 5位     1,200票

和歌山県観光PRポスター「水の国、わかやま。」 【和歌山県】

得票数 1,200票
作品名 和歌山県観光PRポスター「水の国、わかやま。」
出品者 和歌山県
制作者 株式会社和歌山リビング新聞社
作品コンセプト

温暖な気候で雨が多い和歌山県は豊かで多様な森林を持ち、古くから「木の国」と呼ばれています。そんな自然豊かな森林に降り注いだ雨が浄化され、川になり海へ注ぎ、また雨となります。水の循環が健全であることに加え、山と海の距離が近い和歌山県ではあちらこちらで透明度の高い「水」に出合えます。今回、和歌山県の水の美しさが象徴される写真を用い、女性をメインターゲットに見る人の想像力を刺激し誘客につなげます。