第65回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成29年5月8日、東京・芝公園のAP浜松町において、第65回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より231作品の応募があり、50作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの50作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には評論家の山田五郎氏、写真家・映画監督の宮澤正明氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞は、『行くぜ、東北。』(東日本旅客鉄道株式会社:東京都)、総務大臣賞は『ゆけ、シンフロ部!』(大分県広報広聴課:大分県)が選出されたほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(2点)、入賞(3点)の各賞もそれぞれ選定されました。また、4月3日~5月1日にインターネットを通じて行われたオンライン投票部門の結果も承認されました。

※各画像をクリックすると、拡大された画像が表示されます。

【オンライン投票について】
ポスターコンクール専用サイトに設けた投票ページより、第一次審査を通過した50作品の中から、「ここに行ってみたい」「とても魅力がある」と感じたポスターに、一人3票まで投票していただきました。(重複投票は無効)
・投票期間:平成29年4月3日~5月1日
・有効投票者数:13,754名
・有効投票数:26,555票

オンライン投票部門 4位     1,420票

世界遺産の里 南砺・五箇山 【富山県 南砺市】

得票数 1,420票
作品名 世界遺産の里 南砺・五箇山
出品者 富山県 南砺市
制作者 北海道大学観光学高等研究センター
作品コンセプト

世界遺産の五箇山合掌造り集落を舞台に、南砺市の魅力である「自然と風景」「歴史と文化(生活)」のそれぞれをテーマとして作成しました。1枚目は「自然と風景」をテーマに、朝霧がかかった早朝の相倉合掌造り集落の風景を前面に出し、英国の詩人ウィリアム・クーパーの言葉をキャッチコピーとしています。2枚目は「歴史と文化(生活)」をテーマに、日々の暮らしの積み重ね(歴史)が生む文化の形を基本コンセプトとし、菅沼合掌造り集落の次世代を担う子どもたちの通学風景を表現しました。