第65回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成29年5月8日、東京・芝公園のAP浜松町において、第65回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より231作品の応募があり、50作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの50作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には評論家の山田五郎氏、写真家・映画監督の宮澤正明氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞は、『行くぜ、東北。』(東日本旅客鉄道株式会社:東京都)、総務大臣賞は『ゆけ、シンフロ部!』(大分県広報広聴課:大分県)が選出されたほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(2点)、入賞(3点)の各賞もそれぞれ選定されました。また、4月3日~5月1日にインターネットを通じて行われたオンライン投票部門の結果も承認されました。

※各画像をクリックすると、拡大された画像が表示されます。

【オンライン投票について】
ポスターコンクール専用サイトに設けた投票ページより、第一次審査を通過した50作品の中から、「ここに行ってみたい」「とても魅力がある」と感じたポスターに、一人3票まで投票していただきました。(重複投票は無効)
・投票期間:平成29年4月3日~5月1日
・有効投票者数:13,754名
・有効投票数:26,555票

オンライン投票部門 3位     1,477票

静かに町の時間と空気感を味わう 【岐阜県 白川町観光協会】

得票数 1,477票
作品名 静かに町の時間と空気感を味わう
出品者 岐阜県 白川町観光協会
制作者 (株)OAKS
作品コンセプト

豊かな自然に囲まれた白川町ならではの魅力はなんですか? それはここでしか味わえない時間と空気です。町の全てがこの時間と空気に浸されながら、発酵、沈殿し、独特な「香」を醸し出しています。 ポスターの前に立つだけで、その場の空気や温度や湿度までも感じられるようにするために、ポスターを見るひとに訴えかけるであろう場面を熟考し、時間、天気、光の状態などとことんこだわりながら年間を通して撮影をし、地元の人たちが日常の中で親しんでいる、美しい場面を飾り気なく表現するように努めました。 また、より実感をもって感じ取っていただくための、キャッチコピーとさりげなく存在感を出すためのデザイン構成を心がけています。