第65回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成29年5月8日、東京・芝公園のAP浜松町において、第65回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より231作品の応募があり、50作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの50作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には評論家の山田五郎氏、写真家・映画監督の宮澤正明氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞は、『行くぜ、東北。』(東日本旅客鉄道株式会社:東京都)、総務大臣賞は『ゆけ、シンフロ部!』(大分県広報広聴課:大分県)が選出されたほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(2点)、入賞(3点)の各賞もそれぞれ選定されました。また、4月3日~5月1日にインターネットを通じて行われたオンライン投票部門の結果も承認されました。

※各画像をクリックすると、拡大された画像が表示されます。

【オンライン投票について】
ポスターコンクール専用サイトに設けた投票ページより、第一次審査を通過した50作品の中から、「ここに行ってみたい」「とても魅力がある」と感じたポスターに、一人3票まで投票していただきました。(重複投票は無効)
・投票期間:平成29年4月3日~5月1日
・有効投票者数:13,754名
・有効投票数:26,555票

オンライン投票部門 2位     1,533票

故郷への道 【滋賀県 一般社団法人北びわこふるさと観光公社】

得票数 1,533票
作品名 滋賀県 故郷への道
出品者 一般社団法人北びわこふるさと観光公社
制作者 サンメッセ株式会社
作品コンセプト

『故郷への道』をコンセプトとして、当地の様々な道をメインに制作しています。視点が中心に集約する対称構図と、それぞれに合わせたキャッチコピーを同じく中心に据えることで、4種のポスターに統一感を持たせています。観光ポスターでありながら、実際このポスターを目にする方の多くは、主に長浜・米原市民です。そこでキャッチコピーは市民、とりわけ若い世代へのメッセージとしました。若者が旅人となって歩む道を、夏<旅立(止まるも行くも限りとて、)>→秋<遍歴(遍歴の果て-。)>→冬<選択(    。)>→春<希望(もともと地上に道はない。)>の順に表現しています。