第65回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成29年5月8日、東京・芝公園のAP浜松町において、第65回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より231作品の応募があり、50作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの50作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には評論家の山田五郎氏、写真家・映画監督の宮澤正明氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞は、『行くぜ、東北。』(東日本旅客鉄道株式会社:東京都)、総務大臣賞は『ゆけ、シンフロ部!』(大分県広報広聴課:大分県)が選出されたほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(2点)、入賞(3点)の各賞もそれぞれ選定されました。また、4月3日~5月1日にインターネットを通じて行われたオンライン投票部門の結果も承認されました。

※各画像をクリックすると、拡大された画像が表示されます。

入賞

TAKAOプロモーション 【京王電鉄株式会社】

作品名 TAKAOプロモーション
出品者 京王電鉄株式会社
制作者 株式会社京王エージェンシー
作品コンセプト

TAKAOプロモーションは、高尾山口駅リニューアルと、駅に隣接する京王高尾山温泉が新設された2015年よりスタート。知名度の高い「高尾山」だけでなく、周辺エリアも含め「高尾(TAKAO)エリア」としての魅力を発信し、観光エリアとして再活性化を図るプロモーションです。ポスターの訴求対象は、京王線・井の頭線利用者及び、沿線住民。一般に向けては、ウェブサイト「山ほど遊べるTAKAO」を開設している。メッセージは、『高尾山だけじゃないTAKAOへ。』

入賞

絶景が待つ、阿智村 【長野県 阿智☆昼神観光局】

作品名 絶景が待つ、阿智村
出品者 長野県 阿智☆昼神観光局
制作者 スプライス・デザイン合同会社
作品コンセプト

阿智村を代表する観光資源である、 「日本一の星空」「昼神温泉」「花桃」をPRするためのポスター。 星空は、天候によって見れたり見れなかったり。季節によって見える星空が変わったり。 花桃は、その年の気候によって咲き始める日が変わる。咲く花の勢いも変わる。 温泉は、いつでも温かく湧出している。 いのちあるものとして、人だけではなく、いろんな表情をかえながらこの自然もお客様が来るのを待っているかのように日々感じております。 お客様は、満天の星空や満開の花をお目当てにお越しくださいますが、自然相手だと必ずしも毎日条件がいいとは限りません。 毎日変わる情景も楽しんでいただきたいという思いも込めていろいろな表情を書き加えました。

入賞(オンライン7位)

交通拠点を活用したみえ旅プロモーション事業におけるJR駅掲出用ポスター 【三重県 みえ観光の産業化推進委員会】

作品名 交通拠点を活用したみえ旅プロモーション事業におけるJR駅掲出用ポスター
出品者 三重県 みえ観光の産業化推進委員会
制作者 株式会社ジェイアール東海エージェンシー
作品コンセプト

当作品は、伊勢志摩サミット開催を契機に注目を集める本県の魅力を全国のJR有人駅で発信し、誘客促進と県内での消費拡大につなげるために作成したものです。通勤・通学時などの一瞬のタイミングに「その土地ならではの美味しい食事」「その土地独特の景色や風情」という旅情をかきたてる2つの要素を深く印象づけ、三重への食旅を想起させるため、「伊勢えび」「松阪牛」「あわび」「あのりふぐ」という伊勢志摩サミットで提供された魅力ある「食」をメインの写真に使用し、併せて、サミット開催地に選ばれた理由の一つである日本の原風景とも言える美しい自然や、豊かな文化・伝統に触れることができる観光スポットを紹介しています。