第65回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成29年5月8日、東京・芝公園のAP浜松町において、第65回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より231作品の応募があり、50作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの50作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には評論家の山田五郎氏、写真家・映画監督の宮澤正明氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞は、『行くぜ、東北。』(東日本旅客鉄道株式会社:東京都)、総務大臣賞は『ゆけ、シンフロ部!』(大分県広報広聴課:大分県)が選出されたほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(2点)、入賞(3点)の各賞もそれぞれ選定されました。また、4月3日~5月1日にインターネットを通じて行われたオンライン投票部門の結果も承認されました。

※各画像をクリックすると、拡大された画像が表示されます。

日本観光振興協会会長賞

SL PRIDE この土地の、誇り。 【東日本旅客鉄道株式会社 高崎支社】

作品名 SL PRIDE この土地の、誇り。
出品者 東日本旅客鉄道株式会社 高崎支社
制作者 株式会社ジェイアール東日本企画 高崎支店
作品コンセプト

戦後日本の経済発展を輸送の立場から力強く支えた蒸気機関車。轟々と煙を巻き上げ、威勢よく汽笛を鳴らす姿は当時の人々に希望を与えた。永きにわたり、地域に寄り添い、地域の希望となって走り続けたSLは「地域の誇り」そのもの。群馬県内に保存されていた2台のSLは、地元ボランティアの丁寧なメンテナンスがあったおかげで復活を果たすことができた。そのような地域の想いを投影させたSLの存在は重要な観光資源でもある。目的地に向かうことだけが目的ではない「SLの旅」へ誘う。それは、地域の歴史や文化や人に触れる魅力あふれる旅になるはずである。