第64回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成28年3月9日、東京・芝公園のAP浜松町において、第64回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より203作品の応募があり、48作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの48作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には写真家の宮澤正明氏、デザイン活動家のナガオカケンメイ氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞は、『江ノ電で、会いにゆく。』(小田急電鉄株式会社:東京都)、総務大臣賞は『第3回「燕三条 工場の祭典」ポスター』(「燕三条 工場の祭典」実行委員会:新潟県)が選出されたほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(2点)、入賞(3点)の各賞もそれぞれ選定されました。また、2月9日~3月7日にインターネットを通じて行われたオンライン投票部門の結果も承認されました。

※各画像をクリックすると、拡大された画像が表示されます。

【オンライン投票】
ポスターコンクール専用サイトに設けた投票ページより、第一次審査を通過した48作品の中から、「ここに行ってみたい」「とても魅力がある」と感じたポスターに、一人3票まで投票していただきました。(重複投票は無効)
投票期間:平成28年2月9日~3月7日
有効投票者数:14,503名
有効投票数:29,868票

オンライン投票部門 5位     1,514票

積翠城の夜明け 【一般財団法人 郡上八幡産業振興公社】

作品名 積翠城の夜明け
出品者 一般財団法人 郡上八幡産業振興公社
制作者 有限会社 ロフロデザイン
作品コンセプト

歴史や城郭への関心が高まる中、奥美濃 郡上八幡のシンボル「郡上八幡城」を一層PRする為に制作した、初となるイメージポスター。日本一美しい山城と言われる白亜の天守閣が霧の海に浮かぶ、まるで秘境の山城を思わせるビジュアルで、全国の歴史・城ファンや旅人への旅情を誘うよう意識しました。単に絶景を表現したのではなく、別称「積翠城」の名が示す通り、奥美濃の積み重なる山々に抱かれた山城という、郡上八幡城本来のコンセプトをデザイン化しました。朝日が射しこむ夜明けのイメージ(絵)と、コピー(言葉)にて、歴史遺産(過去のモノ)である城郭のポスターでありながら、「未来」に続くメッセージを込めました。