第64回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成28年3月9日、東京・芝公園のAP浜松町において、第64回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より203作品の応募があり、48作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの48作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には写真家の宮澤正明氏、デザイン活動家のナガオカケンメイ氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞は、『江ノ電で、会いにゆく。』(小田急電鉄株式会社:東京都)、総務大臣賞は『第3回「燕三条 工場の祭典」ポスター』(「燕三条 工場の祭典」実行委員会:新潟県)が選出されたほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(2点)、入賞(3点)の各賞もそれぞれ選定されました。また、2月9日~3月7日にインターネットを通じて行われたオンライン投票部門の結果も承認されました。

※各画像をクリックすると、拡大された画像が表示されます。

【オンライン投票】
ポスターコンクール専用サイトに設けた投票ページより、第一次審査を通過した48作品の中から、「ここに行ってみたい」「とても魅力がある」と感じたポスターに、一人3票まで投票していただきました。(重複投票は無効)
投票期間:平成28年2月9日~3月7日
有効投票者数:14,503名
有効投票数:29,868票

【オンライン投票について】
ポスターコンクール専用サイトに設けた投票ページより、第一次審査を通過した50作品の中から、「ここに行ってみたい」「とても魅力がある」と感じたポスターに、一人3票まで投票していただきました。(重複投票は無効)
・投票期間:平成29年4月3日~5月1日
・有効投票者数:13,754名
・有効投票数:26,555票

【オンライン投票】
ポスターコンクール専用サイトに設けた投票ページより、第一次審査を通過した48作品の中から、「ここに行ってみたい」「とても魅力がある」と感じたポスターに、一人3票まで投票していただきました。(重複投票は無効)
投票期間:平成28年2月9日~3月7日
有効投票者数:14,503名
有効投票数:29,868票

【オンライン投票について】
ポスターコンクール専用サイトに設けた投票ページより、第一次審査を通過した50作品の中から、「ここに行ってみたい」「とても魅力がある」と感じたポスターに、一人3票まで投票していただきました。(重複投票は無効)
・投票期間:平成29年4月3日~5月1日
・有効投票者数:13,754名
・有効投票数:26,555票

オンライン投票部門 1位     2,408票

白山市観光ポスター 【一般社団法人 白山市観光連盟】

作品名 白山市観光ポスター
出品者 一般社団法人 白山市観光連盟
制作者 (株)バルデザイングループ
作品コンセプト

白山市が有する美しい白山は、日本三名山の一つであり、古代から都びとが憧れる霊山でした。その白山に魅せられ、四国から移住して白山を撮り続けている木村芳文氏の写真を使用し、見る人の記憶に残る美しいポスターを目指しました。そして、圧倒的な集客力を持つ金沢市と隣接していることを知っていただき、 「白山市」の認知向上を図るものです。

 

オンライン投票部門 2位     2,343票

宝石箱のように、きらきら輝く街。~初めてでも何度でも感動する、函館~ 【函館市】

作品名 宝石箱のように、きらきら輝く街。~初めてでも何度でも感動する、函館~
出品者 函館市
制作者 株式会社 北海道アート社
作品コンセプト

見た瞬間に写真と感じさせず絵画を思わせるような表現を目指しました。

 

オンライン投票部門 3位 (入賞)     1,966票

朝が好きになる街 安曇野 【安曇野市】

作品名 朝が好きになる街 安曇野
出品者 安曇野市
制作者 安曇野市
作品コンセプト

安曇野市のロゴマークの作成にあたり、市民や来訪者に安曇野市の好きなところ、人に自慢したい魅力について意見を公募したところ、多くの人から上がったのが「安曇野の朝が好き」という声でした。そんな「安曇野の朝」のイメージで公募により決まった安曇野市のロゴマークはさわやかな青空を背景にした北アルプスの山々、その裾野に広がる安曇野の田園風景、美しい水、農作物、温かい人々などたくさんの魅了を様々な色で表しています。そのロゴマークを使用して作成したのがこの安曇野市の春夏秋冬の朝の魅力を伝えるポスターです。多くの皆さんに安曇野を訪れて四季折々の魅力がある「安曇野の朝」を体感していただきたいと思います。

 

オンライン投票部門 4位 (日本観光振興協会会長賞)     1,586票

しまっておいた日本がある。岩美町 【岩美町観光協会】

作品名 しまっておいた日本がある。岩美町
出品者 岩美町観光協会
制作者 副田デザイン制作所
作品コンセプト

知られていない、ということを武器にする。 鳥取県、岩美町。 この街を知っている人は、少ない。 でも「知られていない」ということは、 旅先として絶好のチャームポイントではないでしょうか。 そこは、汚れを知らないあるがままの美しい姿で、 何百年も、何千年もの長い間残されてきた秘境。 「日本人が大切にしまっておいた日本」があるのですね。 なんの先入観も持たず、 まっさらで、まっしろな心のまま 知らない街をおもうがままに巡ってもらいましょう。 観光客で混み合う人気スポットへ行くのもいいです。 でも、道にあふれた街を訪れるという、旅の新しいカタチを、 この国の旅人たちは、待っているのではないでしょうか。

 

オンライン投票部門 5位     1,514票

積翠城の夜明け 【一般財団法人 郡上八幡産業振興公社】

作品名 積翠城の夜明け
出品者 一般財団法人 郡上八幡産業振興公社
制作者 有限会社 ロフロデザイン
作品コンセプト

歴史や城郭への関心が高まる中、奥美濃 郡上八幡のシンボル「郡上八幡城」を一層PRする為に制作した、初となるイメージポスター。日本一美しい山城と言われる白亜の天守閣が霧の海に浮かぶ、まるで秘境の山城を思わせるビジュアルで、全国の歴史・城ファンや旅人への旅情を誘うよう意識しました。単に絶景を表現したのではなく、別称「積翠城」の名が示す通り、奥美濃の積み重なる山々に抱かれた山城という、郡上八幡城本来のコンセプトをデザイン化しました。朝日が射しこむ夜明けのイメージ(絵)と、コピー(言葉)にて、歴史遺産(過去のモノ)である城郭のポスターでありながら、「未来」に続くメッセージを込めました。

 

オンライン投票部門 6位     1,502票

伊勢志摩キャンペーン 伊勢神話への旅 【公益社団法人伊勢志摩観光コンベンション機構】

作品名 伊勢志摩キャンペーン 伊勢神話への旅
出品者 公益社団法人伊勢志摩観光コンベンション機構
制作者 株式会社アド近鉄伊勢支店
作品コンセプト

伊勢神宮奉納写真家であり、自身監督作品である伊勢神宮のドキュメンタリー映画がマドリード国際映画祭で2冠を獲得した宮澤正明氏の写真と、書家・紫舟氏の題字で「伊勢志摩キャンペーン」のテーマである「伊勢 神話への旅」感を醸成している。 キャッチコピーは「一年に一度はお伊勢参りへ」。現代も神話の時代を写す伊勢神宮と、伊勢神宮がある伊勢志摩へ、一年に一度は今日の無事と感謝を伝えに行こうと呼びかけている。