第64回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成28年3月9日、東京・芝公園のAP浜松町において、第64回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より203作品の応募があり、48作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの48作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には写真家の宮澤正明氏、デザイン活動家のナガオカケンメイ氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞は、『江ノ電で、会いにゆく。』(小田急電鉄株式会社:東京都)、総務大臣賞は『第3回「燕三条 工場の祭典」ポスター』(「燕三条 工場の祭典」実行委員会:新潟県)が選出されたほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(2点)、入賞(3点)の各賞もそれぞれ選定されました。また、2月9日~3月7日にインターネットを通じて行われたオンライン投票部門の結果も承認されました。

※各画像をクリックすると、拡大された画像が表示されます。

入賞 (オンライン投票部門 3位)

朝が好きになる街 安曇野 【安曇野市】

作品名 朝が好きになる街 安曇野
出品者 安曇野市
制作者 安曇野市
作品コンセプト

安曇野市のロゴマークの作成にあたり、市民や来訪者に安曇野市の好きなところ、人に自慢したい魅力について意見を公募したところ、多くの人から上がったのが「安曇野の朝が好き」という声でした。そんな「安曇野の朝」のイメージで公募により決まった安曇野市のロゴマークはさわやかな青空を背景にした北アルプスの山々、その裾野に広がる安曇野の田園風景、美しい水、農作物、温かい人々などたくさんの魅了を様々な色で表しています。そのロゴマークを使用して作成したのがこの安曇野市の春夏秋冬の朝の魅力を伝えるポスターです。多くの皆さんに安曇野を訪れて四季折々の魅力がある「安曇野の朝」を体感していただきたいと思います。