第63回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成27年3月17日、東京・芝公園の東京プリンスホテルにおいて、第63回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より197作品の応募があり、49作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの49作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には作家の伊集院静先生、工業デザイナーの奥山清行先生、グラフィックデザイナーの左合ひとみ先生をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞には、審査員全員から高い評価をいただいた『金沢点描』(石川県金沢市)、総務大臣賞には『伊勢市観光ポスター』(三重県伊勢市)が選出されたほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(3点)、入賞(3点)の各賞も選定されました。また、2月9日~3月9日にインターネットを通じて行われたオンライン投票の結果も承認されました。

※出品者の名称は応募当時のものです

【オンライン投票】
ポスターコンクール専用サイトに設けた投票ページより、第一次審査を通過した49作品の中から、「ここに行ってみたい」「とても魅力がある」と感じたポスターに、一人3票まで投票していただきました。(重複投票は無効)
投票期間:平成27年2月9日~3月9日
有効投票者数:15,177名
有効投票数:33,351票

【オンライン投票】
ポスターコンクール専用サイトに設けた投票ページより、第一次審査を通過した49作品の中から、「ここに行ってみたい」「とても魅力がある」と感じたポスターに、一人3票まで投票していただきました。(重複投票は無効)
投票期間:平成27年2月9日~3月9日
有効投票者数:15,177名
有効投票数:33,351票

オンライン投票部門 1位     2,197票

岩手県大槌町観光ポスター 【岩手県大槌町】

得票数 2,197票
作品名 岩手県大槌町観光ポスター
出品者 岩手県大槌町
制作者 川口印刷工業株式会社
作品コンセプト

町外だけでなく、町内にも貼る観光ポスターです。私たちはまず、まだ津波の爪痕が残る観光地で、その土地の光を観る「観光」とはなにかを考えました。いま大槌町で自慢できる「光」は、流され燃やされた大地の姿ではなく、変わらず美しい山や海、震災前も震災後も私たちの暮らしに生きていた歌、私たち自身のなかにある「希望の光」です。

町内には、地域の雰囲気向上も図り、復興への道のりは遠いけれど、それでも一つひとつ未来へ進む力を信じる思いを共有し、人をもてなすやさしさにつなげる願いをこめ、町外には私たちの未来へのチャレンジを、支援してくださる観光客を勧誘する「希望の光が見える観光ポスター」をコンセプトとしました。