第64回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成28年3月9日、東京・芝公園のAP浜松町において、第64回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より203作品の応募があり、48作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの48作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には写真家の宮澤正明氏、デザイン活動家のナガオカケンメイ氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞は、『江ノ電で、会いにゆく。』(小田急電鉄株式会社:東京都)、総務大臣賞は『第3回「燕三条 工場の祭典」ポスター』(「燕三条 工場の祭典」実行委員会:新潟県)が選出されたほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(2点)、入賞(3点)の各賞もそれぞれ選定されました。また、2月9日~3月7日にインターネットを通じて行われたオンライン投票部門の結果も承認されました。

※各画像をクリックすると、拡大された画像が表示されます。

審査員特別賞

明治維新150年 平成の薩長土肥連合 【平成の薩長土肥連合】

作品名 明治維新150年 平成の薩長土肥連合
出品者 平成の薩長土肥連合
制作者 (株)コア
作品コンセプト

鹿児島県、山口県、高知県、佐賀県では平成30年の明治維新150年に向け、幕末維新期の歴史をテーマとした広域観光プロジェクトとして「平成の薩長土肥連合」を立ち上げました。 共通のテーマの下に遠隔地の県が連携することは全国的にも珍しく、また、観光立国実現に向けたアクションプログラム等に謳われているテーマ性・ストーリー性を持つ広域観光ルートの形成にもつながる取組です。 今回のポスターは明治維新150年に向け、4県連携による取組を進めていくにあたり、各県の魅力的な観光素材のPRはもとより、これまでにない一つの連合体としての一体感をPRし、従来とは一味違う旅への期待を感じていただけるよう、作成しました。