第64回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成28年3月9日、東京・芝公園のAP浜松町において、第64回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より203作品の応募があり、48作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの48作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には写真家の宮澤正明氏、デザイン活動家のナガオカケンメイ氏、グラフィックデザイナーの左合ひとみ氏をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞は、『江ノ電で、会いにゆく。』(小田急電鉄株式会社:東京都)、総務大臣賞は『第3回「燕三条 工場の祭典」ポスター』(「燕三条 工場の祭典」実行委員会:新潟県)が選出されたほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(2点)、入賞(3点)の各賞もそれぞれ選定されました。また、2月9日~3月7日にインターネットを通じて行われたオンライン投票部門の結果も承認されました。

※各画像をクリックすると、拡大された画像が表示されます。

日本観光振興協会会長賞 (オンライン投票部門 4位)

しまっておいた日本がある。岩美町 【岩美町観光協会】

作品名 しまっておいた日本がある。岩美町
出品者 岩美町観光協会
制作者 副田デザイン制作所
作品コンセプト

知られていない、ということを武器にする。 鳥取県、岩美町。 この街を知っている人は、少ない。 でも「知られていない」ということは、 旅先として絶好のチャームポイントではないでしょうか。 そこは、汚れを知らないあるがままの美しい姿で、 何百年も、何千年もの長い間残されてきた秘境。 「日本人が大切にしまっておいた日本」があるのですね。 なんの先入観も持たず、 まっさらで、まっしろな心のまま 知らない街をおもうがままに巡ってもらいましょう。 観光客で混み合う人気スポットへ行くのもいいです。 でも、道にあふれた街を訪れるという、旅の新しいカタチを、 この国の旅人たちは、待っているのではないでしょうか。