第63回日本観光ポスターコンクール結果発表

平成27年3月17日、東京・芝公園の東京プリンスホテルにおいて、第63回日本観光ポスターコンクール審査会を開催しました。本コンクールには全国より197作品の応募があり、49作品が第一次審査を通過いたしました。専門審査会はこの49作品を対象に専門的な観点から各賞を決定するもので、審査員には作家の伊集院静先生、工業デザイナーの奥山清行先生、グラフィックデザイナーの左合ひとみ先生をお迎えし、審査会が行われました。

その結果、国土交通大臣賞には、審査員全員から高い評価をいただいた『金沢点描』(石川県金沢市)、総務大臣賞には『伊勢市観光ポスター』(三重県伊勢市)が選出されたほか、観光庁長官賞、日本観光振興協会会長賞、審査員特別賞(3点)、入賞(3点)の各賞も選定されました。また、2月9日~3月9日にインターネットを通じて行われたオンライン投票の結果も承認されました。

※出品者の名称は応募当時のものです

日本観光振興協会会長賞

RALLY NIPPON FUKUOKA-KYOTO 2014 【ラリーニッポン2014実行委員会】

作品名 RALLY NIPPON FUKUOKA-KYOTO 2014
出品者 ラリーニッポン2014実行委員会
制作者 株式会社大川印刷
作品コンセプト

“ラリーニッポン”は観光庁の支援を受けて「エントラントがラリー競技を楽しむためのイベント」として、また「日本の世界遺産や文化遺産を巡る旅」というコンセプトのもと開催しているイベントです。

クラッシックカーというアイキャッチャーにより日本の歴史・文化の再発見・再認識、公道を走行することによる地方自治体や地方イベントとの連携、クラシックカーファンと観光客や地元の人々との触れ合いの創出、海外からのエントラントの招致など、本ポスターは「ひととひと、地域と地域、こころとこころ」をつなぎ、日本の素晴らしさを国内外に発信し、日本の活性化に貢献するための媒体です。